☆弱夫と恐妻の育児日記☆

弱夫と恐妻が子育てを難しさ語るサイトです。

中学生の反抗期について!女の子が勉強しない時の対応はどうする?

 我が家の娘がまさにコレです。中学二年生の女子なのですが、反抗期も重なっており、勉強をまったくしません。夏休みなどの長期な休みに突入すると、毎日ぐうたら生活が始まります。

 

もちろん皆さんのお嬢様がそうなのではなく、我が家の娘は上記の様子なのです。何を言ってもダメ。そんな時に、どのような対応をすれば良いのか?何を言えばやる気を出してくれるのか?我が家のやり方にはなりますが、お話をさせて頂きます。

 


スポンサードリンク
 

怒ることは逆効果!?

「勉強しなさい!」と言っても勉強しないのですから、余計にヒートアップしますよね? しかし、少し冷静になって考えてみましょう。

 

 

勉強しなさい

 

 

これは命令でしょうか? 違いますよね?親の立場からいえば、勉強しないと将来が大変になる。だから子供には苦労してほしくないと親心からの発言なんですよね。しかし子供の立場で考えると、この発言は『命令』なんです。

 

答えのない問題をいきなり投げつけられて、早く解きなさい!と言われてるようなもの。誰だって、答えのない問題を投げられたら答えることも出来ず反発も必然かもしれません。


時には褒めることも大切!?

 怒られることで伸びる人もいるでしょう。しかし、私なら褒められたい。そして素直に喜びたい。人間なら誰でも、怒られて喜ぶ人がいるのでしょうか?よっぽどのMでないと耐えられません。

 

親が子供を怒り、お互いにスッキリしますか?怒った親も、スッキリというよりも後で後悔し子供と変にギクシャクしてしまうのはありませんか?子供も怒られたことで、余計に反発してしまうのです。

 

怒ること、怒られることに慣れてしまっている現状。そういった流れを止めるのが『褒める』です。勉強もしない相手を褒めることに違和感を覚えるでしょう。でも、そのギャップこそが効果大なのです。その具体例は以下に書きます。

 


スポンサードリンク
 

社会経験は後ほど

親の役目は『解けない問題を押し付けるのではなく解き方を教えてあげる先駆者であるべき!』と考えています。誰しも、目の前に面倒な用事があったら逃げ出したいと思いませんか?誰かに押し付けたい。私がやらなくても他の人がやってくれないかな。。

 

もちろんそんなに都合よく人生は周りません。しかし、助けてくれる人はいるものです。やり方が分からなければ教えてくれる。人手が足りなければ手を貸してくれる。そうやって社会は回っています。社会に出ていない子供は、当然そんな社会の仕組みを知りません。だから親が教えてあげるのです。自分が他人に怒られながら教えられるのと、笑いを交えながら教えてもらう。あなたはどちらが良いですか?

 

勉強はゲームと同じ?

私なら、冗談や笑いを交えながら教えてほしいです。といっても、勉強をしない子供に対し『笑い』が起こるのか?私の経験から言わせてもらえば、起こります。

 

 ゲーム感覚で物事を進めてしまうのです。私は勉強が得意なほうではないので、子供と一緒に勉強をすることにしました。例えば英語なら、単語を覚えるのに『子供に問題を出してもらう』ことにしました。「それじゃ逆でしょ?」と思われるかもしれませんが、子供からすれば「親も分からないくらい難しいのかな?」と思うでしょう。

 

実際は問題を出してる側も勉強になっているし、上記のように親が分からないことを私は覚えてる。親よりも優れているのでは?と勘違いすることでしょう。そういった気持ちが芽生えればこっちのものです。その気持ちを、親は伸ばしてあげれば勝手に子供は伸びていきます。

 

子供に自尊心を芽生えさせてあげる。「私はやればできる!」と勘違いさせることで、子供は更に知識を蓄えたいと思い始めます。そこで親がすべきことは『褒める』行為です。褒めることで、喜び気持ちよくなる。もっと褒められたいから頑張る!という図式が知らずに出来上がっていくのです。

 

問題を出し合う。そんな関係が出来上がっていけば、勉強は楽しい♪ 実際、知識を蓄えるというのは何歳になっても楽しいものです。仕事だって、新たな仕事を請け負う時は新鮮な気持ちになり面白いと感じるのではないでしょうか?子供の時にそんな感覚を身に付けられたらどれだけ幸せなことでしょう。

 

怒ってお互いに嫌な気持ちになるぐらいなら、褒めてお互いに気持ちよくなりませんか?まずは小さなことから褒める。その魔法の言葉が「ありがとう」です。ごはんをキレイに食べてくれてありがとう。言う事を聞いてくれてありがとう。など、小さなことでもいいので褒めることから始めてみてください。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 


スポンサードリンク